ニュース

「よさこい」など披露・七夕フェスタを開催

2012.7.10(越谷市)
ニュース写真
 越谷市男女共同参画支援センターほっと越谷11周年記念の「七夕フェスタ ひとりひとりを大切に 越谷から広げよう つながりの輪」が6月30日から7月8日まで行われ、初日に北越谷駅の西口「さくら広場」と東口「ほっと越谷」でオープニングイベントが開催された。七夕フェスタオープニングイベント実行委員会・越谷市男女共同参画支援センター「ほっと越谷」主催。
 昨年までプレフェスタとして、「さくら広場」のみで行われていたオープニングイベントだが、今年は“つながる”ことをテーマに、「ほっと越谷」をより知ってもらおうと2会場で開催した。「ほっと越谷」会場では健康体操、高齢者を元気にするセラピーメイクなどが行われ、多くの来場者で賑わった。また、防災コーナーでは売上金の一部を被災地支援におくる「にこまるクッキー」が販売された。
 藤田浩行実行委員長は「今年から同時開催で楽しい催しになりました。それぞれ得意分野で交流し、横のつながりをもつことで住みよい越谷市を目指します」という。越谷市では越谷市男女参画支援センターの開設と男女共同参画推進条例が施行された7月を男女共同参画週間としている。

>戻る