ニュース

紫鮮やか、ラベンダー見ごろ・大成町8丁目の公園

2012.7.10(越谷市)
ニュース写真
 ラベンダーの花が見ごろ。越谷市大成町8丁目の元荒川沿いにあるラベンダー公園(ふれあい公園)のラベンダーが最盛期を迎え、色鮮やかな紫色に彩られている。
 同市大相模地区の住民でつくる「大相模花と緑を育てる会」の「桜ラベンダー部会」(宇田光男部会代表)のメンバーが大切に育ててきたもの。今年で19年目になる。ラベンダーは公園の花壇と風除けが設置されたハウス栽培のもの、さらに元荒川土手斜面に植えられたものなど約5万本が咲いていて、上品な香りが漂っている。
 さいたま市から訪れた主婦(62)は「知人から聞いて越谷に初めてラベンダーの摘み取りに来ました。景色も良く、いい香りで素晴らしい」と笑顔で話していた。同部会によると、今年は春に気温の低い日が多かったためか、開花が例年より1週間から10日ほど遅れているが、色づきはいいという。
 同公園は入場無料。ラベンダーの花摘みも500円(封筒1枚分)ででき、はさみも200円で貸してくれる。香り袋や冷たいジュースの販売もしている。住民の手作りのラベンダーは今月中旬ごろまでが見ごろだ。
 交通は越谷駅東口から朝日バス「吉川駅北口」「吉川車庫」行きのバスに乗車、「見田方」バス停下車。「ラベンダー畑」の看板に従い、元荒川沿いの道で出ると「大成町ラベンダー公園」がある。駐車場もある。
 
>戻る