ニュース

カヌーレースも・14〜16日、レイクタウンフェスティバル

2012.7.2(越谷市)
ニュース写真
 越谷レイクタウンフェスティバル(越谷レイクタウンフェスティバル実行委員会主催)が14日から16日の3日間、越谷レイクタウン調節池と水辺のまちづくり館を会場に開かれる。イベントはNPO法人セイラビリティ越谷(久川雅大代表理事)が企画したもので、子どもから高齢者までだれもが楽しめる内容になっている。
 イベントはまず、初の「カヌーレース」は15日午後1時から3時まで、調節池で。カヌーは持参で参加費1500円(保険料、賞品代)。当日午前11時まで受け付け。おなじみのアクセスディンギー(小型ヨット)体験は3日間とも午前10時から午後3時まで調節池で開催。利用料金は1人500円(約15分)。
 小学生が描いた水辺のまちの絵コンクールは14、15日の午前10時から午後3時まで、水辺のまちづくり館で。来場者に気に入った絵に投票してもらい、16日午後1時30分から表彰式も行われる。
 レイクタウンの野鳥や植物を観察する「自然観察会」は16日午前10時30分、午後1時、午後3時の3回行われる。水辺のまちづくり館に集合。各回10組程度。無料。このほか3日間とも芝生広場で「フリーマーケット」、水辺のまちづくり館テラスで「ライブ・コンサート」も開かれる。
 <問い合わせ>水辺のまちづくり館TEL971・9002、セイラビリティ越谷TL090・1839・7727。

>戻る