ニュース

葛西用水のウッドデッキ完成祝う・新たな水辺の観光に

2012.5.1(越谷市)
ニュース写真
 「葛西・谷古田用水親水施設及び葛西用水ウッドデッキ」オープニングセレモニーが4月21日、葛西用水ウッドデッキ中央ステージで行われた。埼玉県、越谷市の共催。
 第1部の式典では、埼玉県議会議員、越谷市議会議員をはじめ多く来賓を迎えて、テープカットが行われ、延長120bのウッドデッキ完成などを祝った。
 高橋努・越谷市長からは、葛西用水路土地改良区をはじめ関係者へのお礼の言葉に続き「葛西用水沿いに新たな賑わいと憩いの場を創出し、市民の皆様に水辺の散歩道として、また市民参加型のイベント会場として広くご活用いただくとともに、市外の皆様には、新たな観光スポットとしてお越しいただける施設として整備しました」と式辞があった。
 第2部のイベントタイムでは、埼玉県立越ヶ谷高校のボート部によるデモンストレーション、歌手・妻吹俊哉さんによる越谷応援ソング「憧れのカーモネギ―ホール」の披露、こしがや鴨ネギ鍋、太郎兵衛もちなど「こしがやブランド認定品」・「地場農産物」のPR、即売会や花苗の無料配布などが行われ、多くの市民と一緒にウッドデッキの完成をお祝いした。
 また、市内あらゆるところで見かける有名人となった、特別市民の「ガーヤちゃん」も駆けつけ、イベントを盛り上げた。
 今後、葛西用水ウッドデッキでは、出張マルシェ(地場農産物市)を定期開催し、七夕、ハロウィン、クリスマスなど季節折々のイベントや音楽ライブ、グルメフェア、体験教室、フリーマーケットなどを行っていくほか、地域団体の企画する市民参加型イベントを受け付け、イベント会場として賑わいと憩いの場としていく。
 なお、このオープニングセレモニーは、埼玉県の「水と緑の田園都市・水辺再生事業」で整備した葛西用水(瓦曽根溜井)の飛び石整備や日本最古の煉瓦造り谷古田用水取水口公園の完成と併せて行われた。

>戻る