x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

チューリップフェスタ10周年・6万3000本一堂に

2012.5.1(越谷市)
ニュース写真
 越谷市七左町の出羽公園で4月8日、「開催10周年記念 東日本大震災復興支援 出羽チューリップコミュニティフェスタ2012」が開催された。出羽地区コミュニティ推進協議会(島村博会長)の主催により、2003年から開かれているもので、今年で10周年を迎えた。
 当初、地域住民の手で「出羽公園を地域のシンボル公園にしよう」という趣旨で、同協議会に「シンボル公園事業部会」が組織され、そのイベントとして「チューリップコミュニティフェスタ」が企画された。
 今年は10周年を記念し、出羽地区の自治会・小中学校の児童生徒が思いを込めたチューリップが並べられ「心ひとつにかがやけ出羽」の文字が会場を彩った。会場全体で6万3000本のチューリップが咲き誇った。
 また、東日本大震災復興支援のイベントとして「防災体験コーナー」が設けられ、はしご車体験・起震車体験、水消火器体験が行われた。併せて模擬店、大道芸人によるパフォーマンス、ふれあい動物園、ミニ新幹線、お楽しみ抽選会なども行われた。イベント最後には来場者にチューリップの鉢植えが無料配布された。花が展示されていた1週間でのべ5万8000人が会場を訪れ、大盛況のうちにフェスタは終了した。

>戻る