ニュース

違法広告物を撤去・クリーンアップこしがや

2012.4.23(越谷市)
ニュース写真
 1998年4月に「先人から受け継いだ豊な自然と環境を守りながら、安全で住みよい街づくりに寄与したい」と設立されました。主な活動は越谷市内での「電柱、公道樹木などに違法掲示された広告物の撤去活動」「市内駅前でのポイ捨てごみの収集」「レイクタウン調節池周辺の除草」。
 さらに、地域安全活動として「児童生徒の登下校時の防犯パトロール」「高齢者を狙った振り込め詐欺防止活動」「公園の遊具の安全調査」などを行っています。会員数は50人。主に60歳以上の人で構成されています。
 「自分たちが住む街だから、犯罪のないきれいな街にしたい」をモットーに、地道な活動を続けています。地元越谷警察署からは「振り込め詐欺防止リーダー」として「ビートバック隊」のメンバーとして2009年から委嘱を受け、ATMコーナーの警戒や、キャンペーン活動なども行っています。
 「これまで何度か、ATMで落ち着かない利用者に声をかけて、警察と協力して振り込め詐欺を未然に防いだこともあります」。
    (木村 謙一)
 <問い合わせ>木村謙一さんTEL978・0556。
>戻る