ニュース

おかべさん講演・大沢北小で昔を語る

2012.3.5(越谷市)
ニュース写真
 越谷市立大沢北小学校(野口久男校長、児童数683人)で2月22日、絵本作家で挿絵ライターのおかべりかさん(62)が2年生105人に講演を行った。
 旧浦和市出身のおかべさんは「55年前にタイムスリップ」と題し、自身の小学生の頃をホワイトボードに絵を描きながら語った。他校の生徒との縄張り争い、コッペパンと脱脂粉乳の給食、坊主頭とおかっぱだけの髪型、ボールが当たって崩れていった二宮金次郎像。児童らは巧みな絵と話の面白さに引き込まれていた。
 おかべさんは絵本「きかんしゃ やえもん」の絵を描いたことで知られる故・岡部冬彦さんの長女。代表作に「よいこへの道」(福音館書店)、「おだんごちゃん」(童心社)などがある。

>戻る