ニュース

邦楽とシンセで演奏・2月19日、能楽堂でコンサート

2012.1.23(越谷市)
ニュース写真
 津軽三味線、尺八、シンセサイザーで綴る「和の心」コンサート「飛翔」(越谷市施設管理公社主催、越谷市教育委員会共催)が2月19日午後2時から、越谷市日本文化伝承の館こしがや能楽堂で開かれる。
 出演は筝・後藤幹、服部恵美子、尺八・瓜生憲作、シンセサイザー・松本修一でつくる音楽グループ「遙」と、三味線・五錦雄互。プログラムは第一部が津軽三味線「新じょんがら節」「旧じょんがら節」「津軽よされ節」など。第2部は「遙」による演奏。「春の海」、組曲「月の夜の物語」、「竹取物語」幻想曲など。
 入場料は一般1000円、学生500円(全自由席)。
 <問い合わせ>こしがや能楽堂TEL964・8700。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。