ニュース

1851人が走り初め・元旦マラソン

2012.1.16(越谷市)
ニュース写真
 越谷市元旦マラソン大会が1日、市役所周辺で開催された。これは、越谷市体育協会と越谷市教育委員会が主催し、初走りを通して、各世代間の交流と健康保持・増進を図るとともに、1年間の幸福を祈念して行われている。コースは高校生以上が対象の10`と5`、中学生以上が対象の3`、小学5年生以上が対象の1`、小学生以上と幼児(保護者同伴)が対象の0・5`の全部で5コース。1851人が参加した。
 午前10時10分に越谷市役所前からコースごとに順次スタート。参加者は思い思いに初走りを楽しんだ。参加者には、参加賞として越谷の伝統工芸品のだるまと完走証が手渡されたほか、デジタルカメラやディズニーランドのペアチケットなどが当たる抽選会も行われた。
 また、今回は、昨年11月に市から特別住民票を交付され市民の一員となった、こしがや鴨ネギ鍋のマスコットキャラクター「ガーヤちゃん」が初参加。0・5`のコースを子どもたちと一緒に疾走した。また、ガーヤちゃんの特別住民票をカードにしたもの(表は特別住民票、裏はガーヤちゃんのブログのPR)が、希望者に配られた。
 このほか市役所駐車場では、新春を祝い、越谷飛翔太鼓の皆さんによる太鼓や、地蔵囃子保存会の皆さんによる獅子舞なども披露され、楽しい年の初めとなった。

>戻る