ニュース

ポラス隅さん金賞・技能五輪全国大会建築大工部門

2011.12.26(越谷市)
ニュース写真
 23歳以下の青年技能者たちが技能を競う「第49回技能五輪全国大会」(主催:中央職業能力開発協会)の建築大工部門でポラスグループ・ポラスハウジング協同組合(草加市、代表理事・中内晃次郎)の隅 悠多さん(22)が金賞を、五戸虎太郎さん(19)と山田一貴さん(19)が銅賞と敢闘賞をそれぞれ受賞した。金賞の受賞は同社初。また、第1位である金賞受賞者は厚生労働大臣賞も同時に受賞した。
  大会は16日から19日の4日間、静岡県静岡市などで開催され、全国から機械組立、旋盤など全40職種に計1000人以上が参加した。埼玉県からは18種目に50人が参加し、金賞受賞は隅さんだけだった。
 技能五輪全国大会は、国内の青年技能者の技能、レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を提供するなど、広く国民一般に対して、技能の重要性、必要性をアピールすることにより、技能尊重気運の醸成を図ることを目的として開催されている。
 建築大工部門には79人の参加者で競技し、金賞1名、銀賞3名、銅賞3名、敢闘賞11人がそれぞれ表彰された。

>戻る