ニュース

「太郎兵衛もち食べて」・避難者の会「一歩会」へ寄贈

2011.12.19(越谷市)
ニュース写真
 越谷市農業協同組合女性部(岡井ふみ部長)が、越谷市の特産品で、今年度市のブランド認定を受けた「太郎兵衛もち」(のしもち)を、避難者の会「一歩会」の会員約100世帯(1世帯に1枚)に贈呈する。
 市の特産品で、お正月には欠かすことのできないお餅を、「一歩会」の人たちにもぜひ賞味してもらおうと、同女性部が企画したもので、14日に贈呈式が行われ、岡井部長から、「一歩会」の新妻会長に目録が贈呈され、その後「一歩会」では、今月23日に同会が予定しているクリスマス会で、会員世帯へ配布する予定だ。
 「太郎兵衛もち」は、越谷で生まれた水稲もち品種であり、あの徳川家康も食したといわれている400年の歴史を誇る伝統的なお餅だ。市内の農産物直売所で販売しているほか、今月20日まで、限定3000枚でインターネット販売(市内送料無料、配送日時指定可)も行っている。
 太郎兵衛もちの購入先はインターネット販売(20日まで)受付専用ホームページhttp://www2.enekoshop.jp/shop/tarobemochi/で。市内のJA越谷市農産物直売所「グリーン・マルシェ」(TL963・3003)、JA越谷市農産物直売所「ふれあいファーム」(TL960・6180)、越谷市農産物直売所「とれとれの」(TEL961・6355)でも販売している。販売価格はのし餅1枚1000円(900グラム)。インターネット販売は2枚(2000円)から。
 <問い合わせ>越谷市太郎兵衛もち協議会加工部の中島さんTEL976・0913、新坂さんTEL975−0062、越谷市農協TEL962・3150。

>戻る