ニュース

住民の絵画など作品展示・弥栄町3丁目文化祭

2011.11.15(越谷市)
ニュース写真
 越谷市弥栄町の3丁目自治会(中島璋二会長、312世帯)は6日、弥栄会館2階大会議室で「3丁目文化祭」を開催した。住民30人から菊、絵画、写真、パッチワークなど100点に及ぶ作品が出品され、200人以上が来場した。
 文化祭は1999年7月に「文化作品の展覧会」として弥栄祭りと同時に開催されたのが始まり。その後途絶えたが08年に菊を育て咲く楽しみを分け合おうと菊の苗を自治会員の右崎五郎さんらが配布し、寄せ植え大会を行った。以来、毎年菊が咲き誇る秋に行われるようになった。
 60歳以上が47%を占める高齢化が進む自治会だが、中島会長は「小さな自治会でも文化祭などを通じて前向きに年齢を重ねている」という。写真と菊を出品した堀池勝さんは「協力することでコミュニティー生まれる。品評会ではないので、みんなが楽しみに見に来てくれるからいい」と明るい笑顔で話していた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。