ニュース

北越谷駅前郵便局振り込め詐欺防ぐ・越谷署が感謝状

2011.10.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷警察署は6日、振り込め詐欺被害を未然に防いだ越谷市北越谷の北越谷駅前郵便局(中山斉局長)に感謝状を贈呈した。中山局長(39)が同署を訪れ、佐藤利昭署長から感謝状が手渡された。
 同郵便局で9月29日午前、窓口を訪れた女性(66)から郵便貯金の払い戻し依頼を受けた際、100万円と高額だったため、窓口の松本有加局員が使途を尋ねたところ、女性が「新築祝いで急に必要になった」と話し、局員が「どなたのお祝いですか」と聞いたところ、「分からない」と答えたため、振り込め詐欺の可能性があると判断し、上司に相談したうえホットラインで越谷警察署に通報した。
 女性に落ち着いて事情をきいたところ、前日夜に息子を名乗る男から電話があり、携帯電話が変わったと連絡。翌日、その男から「人妻を妊娠させた。弁護士費用で至急100万円が必要だ。振り込んで欲しい」と連絡があり、同郵便局を訪れた。同局で弁護士事務所は東京にあるはずなのに、振り込み先が長野県になっていたことから「おかしい」と判断した。
 中山局長は「ふだんから、高額の払い戻しの方には、窓口にあるチェックリストで確認している。今回はお客様の財産を守ることができて本当に良かった」と話していた。佐藤署長は「金融機関の協力で水際での被害を防止ができ、本当に感謝している。これからも粘り強く振り込め詐欺防止を呼びかけていく」と話していた。同署管内では今年1月から10月5日までに16件(昨年同期10件)の振り込め詐欺事件が発生。被害金額は3195万円(同1470万円)に上っている。

>戻る