ニュース

空き店舗活用し高齢者支援の場・「ふらっと」蒲生駅東口に

2011.10.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷市蒲生駅前商店会内の空き店舗を活用した「ふらっと」がもう(越谷市蒲生寿町17の12)が3日、オープンした。オープンに先立ち、1日午後3時から同店前でオープニングセレモニーが開かれた。高橋努越谷市長、伊藤治越谷市議会議長、帷子和夫越谷市商工会長によるテープカットのほか、地元蒲生少年少女合唱隊による「蒲生の歌」などの合唱が披露された。
 「ふらっと」がもうには、高齢者に気軽に立ち寄ってもらえるよう談話コーナーが設けられている。話し相手となるスタッフも常駐し、高齢者同士の交流を支援する。これは、近年社会問題となっている高齢者の社会的孤立の防止や生きがいづくりなどを目的に、市が「高齢者の居場所づくり事業」として行うもの。
 また、同店舗を拠点として、越谷市商工会が、日常のちょっとした困りごとをお手伝いする「サポートスタッフ派遣サービス」を行う。これは、地域の高齢者や育児中の方などで支援が必要な方に対し、サポートスタッフと呼ばれる地域の方が買い物や部屋の掃除、電球交換などのちょっとした手助けを行うもの。
 サービスの利用方法は@「ふらっと」がもうに会員登録をして利用券を購入するA「ふらっと」がもうに電話をかけて、お手伝いをお願いするB約束した日にサポートスタッフが伺い、お手伝いをするCお手伝い終了後、サポートスタッフへ利用券を渡す。サポートスタッフは利用券を商品券に交換し、地域の商店で利用する。地域の助け合いと同時に商業振興にもつなげる仕組みだ。
 さらに、同店舗では地場産の新鮮野菜や伝統的手工芸品、今年度からスタートした「こしがやブランド」認定商品の展示や販売も行われる。
 「ふらっと」がもうの営業日は月曜日〜金曜日(年末年始を除く)午前9時〜午後5時、農産物の販売時間は午前9時30分〜午後4時30分(月曜日の販売は休み)。駐車場はない。「サポートスタッフ派遣サービス」を利用できる人は、「ふらっと」がもう周辺に住んでいる人が対象。
 <問い合わせ>「ふらっと」がもうTEL986・5115。

>戻る