ニュース

セーリングとパドリング体験会・タイムレースも

2011.10.10(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の大相模調整池で1日と2日、「Act Green ECO WEEK2011 レイクエリアでセーリングとパドリング体験会」が開催された。参加者はユニバーサルデザインの小型ヨット「アクセスディンギー」でセーリングを、2人乗りの「インフレータブカヌー」でパドリングを楽しんだ。レイクタウンAct Green ECO WEEK2011実行委員会主催。
 2日間で「アクセスディンギー」は259人、インフレータブカヌー」は339人が体験し、調整池の水面を楽しんだ。初めてカヌーに乗ったという阿部花さん(越谷東中1年)は「方向転換が意外に難しかったけど、楽しかった」と水辺の休日を満喫していた。


 「第3回レイクタウンカップ」が2日、同調節池で開かれ、アクセスディンギーでのタイムレースが行われ25組50人が参加した。3回連続出場しているという長野敏(さとし)さん・航季くん(東越谷小2年)親子が優勝した。長野敏さんは「若いころ乗っていたヨットともしばらく無縁の生活でしたがまた始める良い機会に恵まれました。毎年参加させて頂き念願の1位になることができました」と喜びを語っていた。
 入賞者は次の通り(敬称略)。
 @長野敏・航季組(越谷市)A竹内慶太・慶真組(吉川市)B寺門康人・睦海組(吉川市)
>戻る