ニュース

15周年記念イベントを開催・子育てサークルネットワーク

2011.9.26(越谷市)
ニュース写真
 越谷市のイオンレイクタウン内・イオンホールで3日、「越谷子育てサークルネットワークの会(田井玲子会長、会員サークル数19、会員数576人)」の15周年記念イベントが開催され、たくさんのファミリーでにぎわった。
 イベントはまず、式典で田井会長のあいさつで始まり、高橋努越谷市長、吉田茂教育長からのお祝いの言葉があった。引き続き、参加者は4グループに分かれてのミニ運動会で汗を流した。ヒーロー応援グッズの工作の後、いよいよご当地ヒーローとして活躍中の「ドリームガーディアンブレーバー」が登場すると、会場のボルテージも一気に上昇し、参加者は皆、ハラハラドキドキの展開に応援グッズを鳴らしながら見入っていた。最後は皆、「楽しかったです」と笑顔で会場をあとにしていた。
 またこのイベントは東日本大震災のチャリティーを兼ねており、会場内の募金箱にはたくさんの善意が寄せられた。集まった1万3100円は越谷市社会福祉協議会に寄付した。
 田井会長は「私たちの会はこれからも行政や地域の皆様のお力をお借りしながら、越谷が子どもたちの笑顔でいっぱいになるよう、地域で地道な子育て支援を続けていきたい」と決意を語っていた。
 同会は1997年10月に子育てサークル同士のネットワーク作りと子育て支援の推進を目的に越谷に誕生した。現在まで、サークル間の横のつながりを保ちながら、「子育てサークルでの遊び方講習会」「子育て異世代交流」「パパといっしょにファミリー運動会」などの年間主催事業を通じて、子育て支援を推進している。また、「子育てサロン」での講師や児童館主催のフェスティバルにも全面協力している。特に毎年、自主的に「市内子育てサークル一覧」を作成し、越谷市社会福祉協議会発行の「子育て情報誌」にデータを提供したり、市民に無料提供して喜ばれている。さらに、埼玉県家庭教育アドバイザーとも長年連携を取りながら、協力して事業を展開している。

>戻る