ニュース

南越は鶴小と対戦・Wカップ組み合わせ決まる

2011.9.13(越谷市)
ニュース写真
 第5回埼玉県読売少年野球ウイナーズカップ大会(読売新聞東京本社、埼玉県連合読売会、埼玉県野球連盟主催)の代表者会議と組み合わせ抽選会が3日、大宮ソニックシティビルで参加する6チームの監督、主将と関係者ら約50人が出席して開かれ、GT別掲MNの通り決まった。  東武よみうり旗争奪大会を制した、南越レッズ(越谷市)は第1試合で読売旗争奪西部地区少年野球大会優勝の鶴小ニュースカイヤーズ(富士見市)と対戦。読売少年野球クラブ連盟旗争奪少年野球大会優勝の千間台FBクラブ(越谷市)は読売旗争奪県北少年野球大会優勝の熊谷グリーンタウン(熊谷市)と対戦する。大会は今年で5年目。6地区の大会を勝ち抜いた代表が17、18日、県営大宮公園球場で熱戦を展開する。

 南越レッズ・徳重亮輔主将「ウイナーズカップには強いチームばかりでるので1回戦を突破して、流れに乗って優勝目指します」
 千間台FBクラブ・石川彗主将「みな強いチームばかりなので、1試合1試合集中して、まずは1勝して、優勝を目指して頑張ります」

>戻る