ニュース

子どもたちの合奏団・28日に市民会館でコンサート

2011.8.1(越谷市)
ニュース写真
 越谷市中央市民会館劇場で28日午後1時30分から、「ヨウコ・サウンド・フォレスト第5回クラシックコンサート」が開かれる。バイオリン奏者の山森陽子さんのレッスンを受ける越谷市と近隣の小学1年生から社会人の18人と山森さんほか演奏家4人を含めた合奏団による演奏会で、主に小中学生たちによる管弦楽団の日ごろの青果を発表する。今回は元日本フィルのチェリスト・高木雄司さんがゲスト出演する。
 演奏曲はメンデルスゾーン「ピアノトリオ」、ボロディン「カルテット」、ヘンデル「メサイア」、フォーレ「エレジー」など。
 同合奏団のメンバーの一人、バイオリンの岡田隼くん(16)=獨協埼玉高2年=は「皆で演奏する合奏の良さが分かってきた。今回はよりいい演奏を目指し、練習に取り組みたい」と笑顔で話す。同じくバイオリンの蛯名綾子さん(22)=大学院生=は「今回は難しいといわれる、ヘンデルの『メサイア』に挑戦します。とてもいい曲なので、皆でがんばりたい」と話していた。ビオラの川田留生さんは「生の音楽を聴いてもらい、音楽の楽しさを伝えたい」と練習に余念がない。
 山森さんは「合奏の難しさを実感しています。今回はヘンデルの曲に挑戦し、皆さん熱心に練習に取り組んでいます。ゲストの高木さんのチェロの音色も楽しみ。多くの人に聴いてもらいたい」と呼びかけている。
 同コンサートの入場料は2000円、小学生以下1000円(全席自由)で発売中。
 <問い合わせ>山森さんyokosc@mail.goo.ne.jp(メール)。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。