ニュース

市に10万円を寄付・ファンクラブ友の会

2011.5.30(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の市民グループ「ファンクラブ友の会」(中田正三郎会長)は21日、越谷市北部市民会館でチャリティー公演「カラオケ&演芸の祭典」(越谷市後援)を開き、越谷とその近隣の市民約500人が参加した。
 会場では、カラオケをはじめ、演劇、舞踊などそれぞれ市民が日ごろの練習の成果を発表した。チャリティー募金寄贈・御礼コーナーとして市民が扮する「大黒様」が登場し、タオルハンカチを会場にまき、来場者に募金を呼びかけた。会場から集めた募金とファンクラブ友の会からの寄付を合わせた合計10万円は、市内の福祉に使ってほしいと、越谷市社会福祉課に寄贈した。
>戻る