ニュース

エコイベント「自転車講習会」・ユニーク車の試乗も

2011.5.16(越谷市)
ニュース写真
 4月29日にオープンした越谷レイクタウンアウトレットでは、連休期間中オープニングを祝う各種イベントが開催された。7日と8日の電気を使わないエコなイベント「Biketope 2011 Koshigaya」(Biketope越谷実行委員会主催)もこの一つ。エコな乗り物である自転車を大切に長く使おう、安全に乗ろうと、子どもによる自転車のお絵かき教室や家族による自転車のデコレーション、デンマークやオランダなどの自転車や日本のユニークな自転車の展示と試乗、自転車講習会などが行われた。
 自転車講習会は越谷警察署署員が人形の「よっちゃん」を使い説明。自転車に乗る前の点検を「ブタ ベル サハラ」と略し、「ではブは」と尋ねるとブレーキ、「タ」はタイヤ、ベル、サドル、ハンドルと反射材、ライトと周りの子どもから次々と声が上がる。さらに後方確認し左からという自転車の乗り方や車道が原則などの自転車安全利用5則を教える署員とよっちゃんのユーモアあふれる会話に、子どもたちは楽しみながら自転車のマナーとルールを学んでいた。
 また、試乗には通常の2倍の高さのトールバイク、仰向けに乗るリカンベント、腹ばいに乗り後方のペダルを踏むプローンなどあまり見かけない自転車も勢ぞろい。スタッフの「これは難しいですよ」、「勢いよくペダルを踏みだして」などの声やアドバイスを受けながら、子どもも大人も各種の自転車にトライしていた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。