ニュース

地震ハザードマップを作る・揺れやすさ、液状化など一目で

2011.4.26(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は「地震ハザードマップ」(A1判=A4サイズに折り込み)を作成し、市内各家庭に配布したほか、市役所や各地区センターなどで配布している。同マップは市民に住んでいる地域の地震による危険性を知ってもらい、建物の耐震診断、耐震改修、自宅での地震対策など事前の準備に役立ててもらおうと作成した。
 このハザードマップは、「揺れやすさマップ」「液状化危険度マップ」「地域の危険度マップ」で構成され、「地域の危険度マップ」には市内全域の避難場所・避難所を掲載するとともに、防災関係機関、救急告示医療機関などの施設を掲載している。すでに配布している「越谷市防災マップ」と併せて、いざというときに活用できるマップとなっている。
 13万6000部作成。市役所危機管理課、建築住宅課、南部出張所、北部出張所、各地区センター、越谷市住まいの情報館で配布している。
 <問い合わせ>越谷市危機管理課TEL963・9285。

>戻る