x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

親子でひな人形作り・旧中村家住宅で「桃の節句」

2011.3.7(越谷市)
ニュース写真
 越谷市大間野町旧中村家住宅で2月26日、桃の節句行事として親子でひな人形づくり、お茶会、カマドで甘酒づくりが行われた。ひな人形づくりでは越谷市郷土研究会員の宮内和代さん、岩瀬静江さんを講師に7組の親子が参加した。
 フィルムケースに和紙を貼り、高さ6aほどの小さな、世界にひとつだけの内裏雛が完成。土本真理子ちゃん(東越谷小1年)は「髪の毛を作るのが難しかったけどできてうれしい。タンスの上に飾りたい」、父の哲也さんは「子どもと一緒に作るのは楽しい。これからも(イベントに)参加していきたいです」と話していた。
 同所ではひな人形を4月5日(旧暦3月3日)まで展示中。畳の上に飾られた昔ながらの7段飾りを見に足を運んでみては。

>戻る