x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

「食育」の研究発表会・蒲生南小で

2011.2.15(越谷市)
ニュース写真
 越谷市立蒲生南小学校(中川一美校長)は22年度埼玉県教育委員会・埼玉県学校給食会の委嘱を受け「生きる力をはぐくむ食に関する指導モデル校等支援事業」として1年間食育の充実に取り組んできた。その研究発表会が4日、同校で行われた。
 「正しい食習慣を身につけ進んで心と体をきたえる児童の育成」を研究主題とし、「食を楽しむ」「食に感謝する」「食の必要性を知る」ことを目的として各学年がそれぞれのねらいを定め取り組んだ。
 「校長講和による指導」として中川校長が栄養バランス、食事と体の健康、世界の飢餓状況と日本について5分間3回講和を行った結果残食が減り、親子クッキング教室やマイ箸づくり、食に関する折り句コンクール、栄養保健指導などを行った結果、いずれも食や食材に関心を持つ児童が増えたという。
 公開授業では1年「たべものとなかよし」5年「食生活を考えよう」南っ子学級(特別支援学級)「めざせ!ヒーロー!」「元気の源・スリーカラーズ」が行われた。

>戻る