ニュース

各校の取り組みを発表・学校給食研究会開く

2011.2.7(越谷市)
ニュース写真
 越谷市中央市民会館劇場で1月20日、「第29回越谷市学校給食研究協議大会」が開催され、市内小中学校のPTAや給食関係者らが参加した。越谷市教育委員会、越谷市PTA連合会、越谷市学校保健会、越谷市学校給食運営委員会、越谷市教育研究会主催。
 学校給食活を通した仲間とのふれあいで心を育て、家族との生活を関連させることにより食料生産者の苦労や自然の恵みに感謝する気持ちを形成し、学校・家庭・地域の連携を深める場とすることがねらい。吉田教育長は「食に関する指導の充実は生きる力を養う上で重要」とあいさつした。
 本年度のテーマは「生涯にわたるこころとからだの健康を培うために―学校、家庭、地域の連携―」。特に「野菜を食べよう」ということに重点をおき1年間取り組んできた。花田小学校PTA給食研究実行委員会では主に料理コンテスト、調理実習など保護者が参加し体験することで家庭から食育への関心が深まるようにした。結果、野菜料理の喫食率が上がったという。

>戻る