ニュース

400人がピアノに酔う・野口由紀子コン

2011.1.24(越谷市)
ニュース写真
 越谷市在住のピアニスト・野口由紀子さんのリサイタルが8日、越谷コミュニティセンター・小ホールで開かれ、約400人が来場した。
 リサイタルでは、シューベルト「ピアノソナタ第10番イ長調」、モーツァルト「キラキラ星変奏曲ハ長調」、ベートーベン「ピアノソナタ第23番ヘ短調・熱情」、リスト「パガニーニ大練習曲第3番」などを演奏した。
 野口さんは、5歳からピアノを始め、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。第49回全日本学生音楽コンクール東京大会入選、埼玉ピアノコンクールD部門銅賞など受賞。第6回日独青少年交流コンサートに出演。「新しいピアノコンチェルトの出逢い」でポーランド国立クララ室内管弦楽団との共演など世界で活躍している。
 演奏を終えた野口さんは「地元越谷で生まれ、ピアノを通して多くの皆さんと出会い、育てていただいたことに感謝します。また、機会がありましたらぜひコンサートを開催したいと思います」と話していた。

>戻る