ニュース

新春は笛の調べと鼓で・新年合同吹き初め会

2011.1.24(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の越谷コミュニティセンター和室で15日、「新年合同吹初め会」(黄鐘会、龍声会主催=能管指導・内潟慶三能楽師=)が開かれた。内潟能楽師をはじめ13人が独特の笛の調べを披露した。例年、一管(笛)だけでの披露だが、今年は鼓(高安流大鼓、幸流小鼓)と共に演奏する一調一管が2曲行われ、華やかな吹初めとなった。
 内潟能楽師の笛と共に大鼓を奏した川嶋清さんは「(演奏は)夢中でした。稽古の時と同じようにはいかないですね」と話すが満足そう。笛9年、大鼓20年来習っている川嶋さんは「能という舞台芸術においてそれぞれのパートに魅力がある」という。吹初め会を終え今年も稽古が始まる。
 <黄鐘会、龍声会の問い合わせ>内潟さんTEL929・1815。

>戻る