ニュース

懐かしい手紙がいっぱい・桜井小OBがタイムカプセル開封

2011.1.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷市成人式が9日、市内11会場で開かれ、新しい門出を地域の人と祝った。今年度の同市の新成人は3054人。桜井地区成人式は北中学校体育館で開かれ、式典後に桜井小学校卒業生約120人が2003年に同小卒業時に設置したタイムカプセルを開封した。
 タイムカプセルは同小中庭に設置されていたもの。当時の6年生3クラスの全児童が成人時の自分に宛てた手紙や写真、記念のもの。親からのメッセージなども入っていた。手紙には将来の夢や希望が書かれていて、開封した新成人たちは懐かしそうに手紙を読んでいた。
 桜井地区成人式実行委員の一人、平賀塁さん(20)は「小学生のとき、将来はプロ野球選手になるのが夢でした。今手紙を読んでみると懐かしいですね。きょう無事に成人式を迎え、春からは越谷市消防署への就職も決まりましたので、市民のために精一杯働きたい」と決意を話していた。

>戻る