ニュース

3が日は「だるまプロジェクト」・イオンレイクタウンで

2010.12.27(越谷市)
ニュース写真
 「越谷だるまプロジェクト2011」が来年1月1日から3日まで、越谷市東町のイオンレイクタウンKaze3階イオンホール(展示)と1階マルエツ前(販売)を会場に開催される。越谷の文化・歴史を多くの人に知ってもらおうと市内の文教大学生と越谷ウォータースポーツクラブのメンバーが実行委員となって開くもの。今年1月に同会場で開いたところ、好評だったため開催する。2回目。越谷だるま組合が協力する。
 越谷だるまは1713年ごろに間久里の「だる吉」という人形師により創り出されたといわれている。1984年に県知事から「伝統的手工芸品」の指定を受ける。色が白く、鼻が高い、上品で優しい顔立ちが特徴。
 当日は文教大生らが売り子となり、正月でにぎわうイオンレイクタウンでだるまを販売する。
 <問い合わせ>越谷ウォータースポーツクラブTL090・1839・7726。

>戻る