ニュース

27、28日にこしがや産業フェスタ・生酒「越ヶ谷宿」の販売も

2010.11.22(越谷市)
ニュース写真
 こしがや産業フェスタ2010(こしがや産業フェスタ2010実行委員会主催)は27、28日午前10時から午後4時まで、総合体育館と周辺で開かれる。市内の商工業者、農業者が一堂に会し、越谷の産業への理解を深めてもらうのを目的に企画されたイベント。
 今年も直径2bの大鍋で作る「こしがや鴨ネギ鍋」が28日午前10時から、1杯100円(5000人分)で提供される。今回で6回目の大好評催し。彩の国鍋合戦でV2を達成するなど、話題の地域おこし商品だ。
 ものづくり無料体験は両日とも、「こしがや田んぼアート疑似体験」が行われる。発泡スチロールとつまようじを使って、ガーヤちゃんを描く。伝統的地場産業体験(有料、午前10時受け付け)では、桐箱組み立て、だるま顔描きが体験できる。
 このほか、隣接する農産物直売所「グリーン・マルシェ」では越谷産米、野菜、加工品(赤飯、漬け物、まんじゅうなど)などの販売がある。
 コミュニティ広場では、越谷特産太郎兵衛もち、くわい、釜飯などの販売をはじめ、模擬店では鴨ネギまんじゅう(27日のみ)、商工あんまんじゅう(28日のみ)の販売もある。
 イベントステージでは、地元小学生や越谷市消防音楽隊、税理士会越谷支部などのバンドによる演奏がある。こしがや鴨ネギ鍋を購入した人には抽選券が配布され、28日午後3時から抽選会が開かれる。賞品は液晶テレビや炊飯器、「鴨ネギ鍋ギフトセット」などが当たる。入場無料。
 <問い合わせ>越谷市商工会TEL966・6111。

 越谷小売酒販組合越谷支部では今年も越谷の地酒「越ヶ谷宿」の展示、販売を行う。販売価格は1800_gが2200円、720_gが1100円。
 同支部では、越谷市、同商工会、JA越谷市の協力を得て、越谷産の米「彩のかがやき」を使った、越谷生まれの日本酒作りに昨年から、取り組んでいる。
 産業フェスタ会場で購入した人には新米「彩のかがやき」1`cが当たるスピードくじもある。また、もれなく粗品も進呈される。
 今年はさらに12月中旬発売予定の新米新酒・搾りたて純米生酒の「越ヶ谷宿」の予約を受け付ける。今年採れたばかりの越谷産の新米を使った生酒。12月20日に発売予定で12月3日まで予約を受け付ける。1・8g2200円、720_g1100円で合わせて1500本の限定品。
 <問い合わせ>越谷小売酒販組合越谷支部TEL962・0311。

>戻る