ニュース

児童のアトラクションも・越谷市子育連40周年式典

2010.11.16(越谷市)
ニュース写真
 越谷市子ども会育成連絡協議会(飯島孝子会長)の創立40周年記念式典が7日、越谷コミュニティセンター・小ホールで開かれ、関係者約500人が参加した。
 式典では、飯島会長が「たくさんの子どもたちが越谷市の行事、イベントに楽しく参加している。少年野球、少女ポートボール、かるた大会は長年続く事業で、特にこの10年の間に少年野球チームが全国大会に出場したことを昨日のことのように思い出します。少子化で子どもの人数は減っていますが、安全で安心して暮らせるよう、これからも少しでいいので、皆様のお力を貸していただければ」とあいさつした。
 このあと、同子育連の歴史をスライドで上映。功労者への感謝状贈呈があり、飯島会長が特別表彰を受けた。
 当日は式典のほか、アトラクションとして、越ヶ谷小学校木遣り保存会や荻島小学校お囃子クラブ、大沢小学校日本伝統クラブ・神楽舞、東越谷小学校金管クラブなど子どもたちによる発表もあった。
 同子育連は1971年に87の子ども会(会員数7045人)でスタート。現在は148の子ども会(同6653人)の規模になっている。

>戻る