ニュース

越谷の月村さん親子が優勝・鳩ヶ谷市空手道選手権

2010.10.4(越谷市)
ニュース写真
 越谷市宮本町の月村美枝子さん(41)と息子の光陽くん(14)=中3=親子が第36回鳩ヶ谷市空手道選手権大会(鳩ヶ谷市体育協会主催)で、それぞれ高校・一般有段女子「形」と中学生男子「形」の部で見事優勝した。2人は日本空手道白亜会松伏道場に所属する選手。初の親子優勝に2人は「一生の思い出になりました」と喜びを語っていた。
 光陽くんは幼稚園年長から空手を始め、現在初段。中学校での部活(サッカー部)との両立に悩みながらも週3日の稽古に励んでいる。「母は何度も優勝していて、自分もいつかは優勝したいと思っていたので、うれしさは格別です。師範といつも一緒に汗を流してくれた道場の皆様に感謝しています」と光陽くんは感激していた。
 母親の美枝子さんは、光陽くんの送迎と稽古時間を待っているだけではもったいないと空手を始め、現在3段で道場の指導員を務めるまでになった。「(光陽くんは)体が小さかったので、心身ともに強くなってほしいと願っていました。親子で優勝できてうれしい」と笑顔で話していた。
 同道場では、幼稚園年少から70歳まで22人が稽古している。

>戻る