ニュース

9月4日に秋恒例の「梨市」・大相模不動尊大聖寺境内で

2010.8.23(越谷市)
ニュース写真
 越谷市相模町の大相模不動尊大聖寺で9月4日午前10時から、恒例の秋の例大祭「梨市」が開かれる。「大聖寺の梨市を守る会」(藤乗雅敏会長)が主催する。  同梨市は明示から続き、昭和30年代には千葉県内の栽培農家など数十軒の露店が軒を並べたが、栽培技術の向上と食品流通ルートの整備に伴って減少し、3年前に1軒だけになり存続が危ぶまれたため、市民有志で「守る会」を結成し、一昨年から、地元の人たちでの開催となった。  門前にテントが張られ、にわか露天商たちが千葉県産梨を参拝客らに販売する。今年は200箱を用意。価格は1箱(24〜26個)4000円と5個1000円での販売を予定している。会場ではナマズのたたきの販売、子どもたちに風船のプレゼントなどもある。  <問い合わせ>梨市を守る会の藤乗会長TEL090・7190・7714。
>戻る