ニュース

真木、村上組が優勝・アクセスディンギータイムトライアル

2010.8.2(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の越谷レイクタウン大相模調節池で7月19日、誰でも乗れる小型ヨット「アクセスディンギー」の体験会&タイムトライアルが開催された。越谷レイクタウン水辺のまちづくり館主催、NPO法人セイラビリティ越谷協力。
 初のタイムトライアルに越谷・草加・吉川・野田などから30組60人が参加した。各組の持ち時間は30分。インストラクターによるコーチングの後に約150bのセーリングのタイムを計った。風の影響が大きく、時間帯によって運不運もある。それでも参加者は暑い日差しの中、水辺でのペアセーリングを楽しんだ。
 優勝は真木裕子さんと村上月江さんペア。真木さんは「沈まない乗り物と聞き安心してはいたものの、無事戻ってこれるか心配していましたがまさか優勝とは。信じられません」、村上さんは「(ディンギーは)快適で安定して気持ちよかったです」と喜んだ。
 水辺でのコミュニティーを狙ったという株式会社新都市ライフの豊田稔さんは「水辺を活用したレジャーで関心をもってもらい、地域との関わりをもち、地域活動を活発にしていきたい」と願っている。表彰は1位から3位と10位、20位。結果は以下の通り(敬称略)。
【優勝】真木裕子・村上月江組(越谷)【2位】於保晃・於保豪組(吉川)【3位】岡本剛・岡本直組(越谷)【10位】奈良彰信・奈良一輝組(越谷)【20位】山口圭介・山口凜組(越谷)

>戻る