ニュース

ラオス首相ら視察・農業技術センターなど

2010.5.31(越谷市)
ニュース写真
 都内で開催された国際交流会議に出席するため来日中のラオス人民共和国ブアソン・ブパワン首相と使節団8人と駐日大使が、越谷市内に事務局がある埼玉ラオス友好協会(高橋奨会長)の招きにより、22日、東埼玉資源環境組合第1工場と越谷市農業技術センターを訪問した。
 この日、第1工場を訪れた一行は、施設の概要説明を受けた後、工場内の機械操作室や発電設備を視察し、熱心に説明を聞き質問するなど関心を示していた。
 視察後、同工場内で行われた高橋努市長、野口佳司越谷市議会議長との会談で、首相は「東京から近い越谷には、たくさんの自然が残っている美しいまち。そして、越谷市が行っている様々な取り組みは、今後のラオスの発展の参考にしていきたい」とあいさつし、友好を深めていた。
 続いて訪問した、越谷市農業技術センターでは、土壌の分析室やビニールハウスでのトマト、小松菜、水菜の水耕栽培について興味を示し、自分でトマトに触れ、試食をするなどして、有意義な視察を行った。

>戻る