ニュース

デュオクレールなど出演・演奏家とサンシティの共同企画

2010.4.13(越谷市)
ニュース写真
 越谷コミュニティセンターで3月22日、地域のアーティストと公共ホールが共同で実施する、地域のアーティストとホールの共同企画の第2弾「子どもたちのためのコンサート・音楽(おと)の世界へようこそ」が越谷市教委との共催で開催された。
 この事業は、地域で活躍する様々なジャンルのアーティストたちと公共ホールが、アートを通して「街を元気にしよう」と考え立ち上げたもの。今回は、デュオルクレール(サックス&ピアノ)とナース・ログ(パーカッションアンサンブル)による2部構成のコンサート。多彩なアレンジと楽器により、ショパンやモーツァルトなどの世界の名曲とファンタジックな音の世界で聴衆を魅了した。アンコールでは2組合同による「サウンドオブ・ミュージックメドレー」が演奏され、子どもたちも手拍子で参加していた。
 出演者は「出演者、舞台スタッフ、ほかのアーティスト、ボランティアの皆さんが一体となって充実した時間を過ごすことができた」、「公演終了後、お客さんを見送るときにたくさんの笑顔を見ることができて良かった」と感想を話していた。来場者からは「子どももまだ小さいが一緒に聴けて良かった。これからも続けてほしい」と笑顔で話していた。
 この企画は、今後もシリーズとして市内劇場で開催していく予定。

>戻る