ニュース

壮観、ひな人形飾り・大相模地区センターに市民が寄贈

2010.2.15(越谷市)
ニュース写真
 もうすぐひなまつり。越谷市大相模地区センターに「ひな人形」が16セットも飾られ、連日、市民でにぎわっている。人形は同センターが大相模地区の住民に呼びかけ、家庭で不要となったものを寄付してもらったもの。16人から寄贈された歴史ある人形ばかり。
 ひな人形は1月26日に、ボランティアの手によって、飾られた。同センターの入り口と2階フロアに設置され、特に2階は横一列に飾られ壮観だ。地区センターを訪れた市内在住の笠原有紀さん(30)は「これだけたくさんのひな人形が飾られているのは見たことがないので、びっくりしています。ひなまつりの気分が盛り上がりますね」と笑顔。一緒に来ていた息子の拓真くん(6)も「おうちにあるひな人形より大きくて、すごい」と喜んでいた。
 ボランティアで飾りつけをした高山博子さん(62)は「たくさんの市民の方の協力で多くのお雛様が集まりました。20年以上前のものが多く、貴重な人形ばかりですので、大切に取り扱いました」と話していた。
 ひな人形は3月10日ごろまで飾られている。
 <問い合わせ>大相模地区センターTEL988・7370。

>戻る