ニュース

尾上劇団が新春寿公演・老人クラブ連合会新年会で

2010.1.25(越谷市)
ニュース写真
 越谷市老人クラブ連合会(清田幸治会長、加盟106団体)は15日、新年会を同市老人福祉センター・けやき荘で開き、初めて市内のボランティア劇団「尾上劇団」の新春寿公演を行った。
 懐メロクイズや映像「岸壁の母」の上映に続き、同劇団の「岸壁の母」が演じられ、笑いあり、涙ありの演出に訪れた320人は感動していた。参加者の一人は「年頭にふさわしい内容の催しでした。岸壁の母を見て、平和の礎となられた多くの犠牲があって今日があるのだとあらためて感じました」と話していた。
 同劇団の加藤和子座長は「今回の公演には地元の新川婦人会や越谷市和装協会の方々の協力もあり、盛大に開催できました」と笑顔で話していた。清田会長(81)は「クイズや劇などたのしいひとときを過ごせました。初めての試みでしたが、好評でした」と話していた。
 尾上劇団は2000年に素人ボランティア劇団として発足。地域福祉向上のための無料公演を続けており、今回の公演は425回目になる。

>戻る